精神病は誰しも患う可能性がある病気|メンタル診断

病気をセルフチェックする

男性

自分で調べる時の注意点

自分自身が現在精神病を患っているかどうかを、個人的に診断するときは注意点があります。そもそも多くの精神病は、前触れ的な要因があります。精神病を患う前触れ的な状態のままで生活習慣を送っていると、次第にメンタル面において不安定感を感じるようになっていきます。それが次第に精神病を患ってしまう要因になる事があります。精神病を引き起こす前触れ的な要因があると感じた場合には、インターネット上の診断プログラムを活用して簡易チェックを行って診断をしてみましょう。診断の際にはただ簡単な質問に回答するだけでチェックが可能で、個人でいつでも無料で行う事ができるため気軽にチェックを行う事ができます。ただ、個人で診断プログラムを活用する場合には、できれば正確な診断を行うためにも、公式的な情報を公開しており、信頼できるホームページにおける診断プログラムを活用するのが良いでしょう。個人のホームページでも簡易診断を行う事ができたり、あるいは精神病の特徴を紹介しているホームページもありますが、個人のページでは独断で執筆されている内容も決して少なくはありません。そのため自分が病気になっていないのに病気であるかのように執筆されていたり、あるいはその逆の場合も考えられるため、信憑性のある情報を確認するように注意しましょう。

病気の特徴

精神病を患っているかどうかを確認するためには、アメリカにある精神医学会から提案されている「DSM-IV」の基準を参考にします。インターネット上において公開されている精神病のチェックプログラムの多くは、このDSM-IVによる基準を参考としてチェックを行っているサイトが多く見受けられます。そのため、個人で精神病の簡易診断を行う際には、精神医学会によるチェック基準を参考に執筆されている書籍や、あるいは同等の内容によるインターネット上の情報を参考に精神病のチェックを行うと良いでしょう。近年では、精神医学会によるチェック基準であるDSM-IVによる基準以外にも、WHO(国際保健機関)が提唱している基準も発表されています。多くの診断プログラムの中には、こちらを参考に診断プログラムが作成されているホームページもあります。主にうつ病の診断プログラムや、あるいは双極性障害の患者さん向けに執筆されている内容が多く、個人で誰でも簡単にチェックする事ができるためインターネットに接続できる環境を持っている方は調べてみましょう。もしチェックを行ってみて、うつ病や双極性障害の特徴に当てはまっていたとしても、あくまで簡易チェックなのですからあまり深刻には考えすぎないようにしましょう。ただ、病気の症状が生活に影響を与えているようであれば早めに専門の医療機関を受診するのが望ましいと言えます。

Copyright© 2015 精神病は誰しも患う可能性がある病気|メンタル診断 All Rights Reserved.