精神病は誰しも患う可能性がある病気|メンタル診断

セルフチェックと治療

メンズ

ネットを活用

近年、若年層から中高年層まで、幅広い世代の間で精神病にかかる人の割合が高くなっています。特に日本人は、真面目で几帳面な性格を持っている人がたくさんおり、ストレスを溜め込んでしまうと一気に爆発して精神病を発症してしまう可能性が高いです。精神病と言っても、数多くの種類があります。その中でも有名なのが、うつ病や自律神経失調症、双極性障害などがあります。しかし、自分が精神病ではないかと疑っている状態の時に、果たしてどういう病名が付くのかは、病院に行かないと分かりません。そこで、病院に行く前に行うと良いのが、セルフチェックです。最近では、自分がうつ病か、もしくは自律神経失調症なのかなど、ある程度の診断を自分で行うことができます。診断方法で最も手早いのはインターネットサイトを利用することです。質問にいくつか答えるだけで、回答の結果を得点化し、特定の病気である可能性が高いかどうかを知ることができます。ただし、これはあくまで自己診断の範囲で行っていることですので、正しい診断はやはり病院で診てもらうことが大切です。病院でも、問診票と一緒に同じようなチェックシートを渡される場合もあります。セルフチェックは、あくまで自分の体の状態を客観的に理解するための道具の一つと言えます。

1人で抱え込まない

精神病を患った人に多いのが、1人で何でも抱え込む人が多いということです。自分がやらなければ、自分のせいでなど、他人を気にしすぎるあまり、自分の首を絞めてしまう傾向があります。そうではなく、時には周りの人に話をきいてきたりもらったり、改善策を一緒に考えてくれる人の存在が大切になってきます。もしそのような人が周りにいない場合は、心理カウンセラーを利用するのが良いです。声に出して話をするだけでも、治療に対して前向きになれるきっかけを作ることができます。病院によっては、心理カウンセラーを利用できる病院もありますので、予め調べておくと便利です。なお、身体的なことについては、外に出られる状態であれば、太陽の光をたくさん受けられるように散歩などを行うだけでもかなり違います。太陽光には、脳内でセロトニンを多く分泌してくれる効能を持っています。セロトニンは、脳を活発にし、幸せな気分にしてくれる物質です。実際に病院でも、日中はできる限り軽い散歩をすることを推奨する所もあります。散歩をすることで、腕や足を自然と前へ上がり、体の血行を良くしてくれたりする効果も期待できます。このように、様々な方法を工夫することで、精神病の症状を早期に穏やかにすることができます。病院で精神病の診察を受けた際には、薬物療法での治療を開始するのが一般的です。抗うつ薬や向精神病薬、気分調整薬など症状に適する薬物を処方してくれるので、医師の指示にしたがって正しく服用しましょう。適度な薬物療法は、精神病の治療に大きな効果を発揮します。

Copyright© 2015 精神病は誰しも患う可能性がある病気|メンタル診断 All Rights Reserved.