精神病は誰しも患う可能性がある病気|メンタル診断

社会の仕組みを活用する

男の人

障害者保健福祉手帳の申請

心や体の不調が著しく、会社で思うように仕事が出来なかったり学校で勉強についていけないなど日常生活で支障が出るような場合には心療内科や精神科を受診することが多いと言われています。医療機関で検査を受けて、精神病と診断されたら精神障害者保健福祉手帳を申請すると良いです。住んでいる地域によっても申請方法や条件などは多少違うことがありますが、特定の精神病を患いその精神疾患の影響で長期間社会生活や日常生活に支障がでることが予想されるような場合には、患者本人やその保護者が申請することが出来ます。申請をすることで、公的料金の割引や就職支援などあらゆるサポートが受けられるようになります。精神病でも、様々なサポートを受けることでより社会生活や日常生活を安定的に過ごしていくことが出来るようになると言えます。申請の手続きには、指定の申請書と患者本人の顔写真、それから医師の診断書が必要になります。診断書は、初めて病院を受診して精神病と診断されてから半年以上経過している必要があります。一時的な精神病ではなく、長期的に治療が必要であると考えられる場合に対して適用となっているからです。また、診断書を得ることは会社を休職する際にも一つの証明となります。

症状の辛さを伝える

精神病として診断書を書いてもらうには、何度か通院する必要があります。初診では、どんな精神病であるか詳しくわからないことも多いため、カウンセリングをしてテストや必要に応じて検査なども行いながら、とりあえず薬を処方して様子を見るケースが多いと言われています。しかし、症状によっては辛すぎて会社や学校に通うことが難しいため出来る限り早い段階で診断書が必要であることもあります。初診の場合でも、症状が重く精神病としっかり診断が下されれば診断書を書いてもらうことも可能である場合があります。そのため、自分の症状をいかに詳しく具体的に伝えることが出来るかが大切になります。症状がいつ頃から始まり、どんな症状が辛く日常生活に支障を与えているかをしっかりと伝えることが大切です。その為には、受診する前にある程度自分の症状や辛さなどをまとめて紙に書くなどして整理しておくと上手く伝えることが出来るようになると言われています。心の問題を専門とする医療機関を受診する際には、あらかじめある程度自分なりに伝えたい症状などを準備しておくことや、より詳しい情報を伝えるために家族などに付き添ってもらいながら受診するようにすると良いと言えます。

Copyright© 2015 精神病は誰しも患う可能性がある病気|メンタル診断 All Rights Reserved.